伊丹市の観光スポット他

昆陽寺
奈良時代の名僧、行基が建立した畿内49院の一つで、天平3年(731年)創建の昆陽施院の後身寺院。朱塗りの山門と境内の観音堂が昭和44年に、また山門内に安置されていた広目天・多聞天立像が平成10年に、それぞれ兵庫県指定文化財となっています。
LastUpdate:2016/09/18
有岡城跡
有岡城跡は,織田信長の武将 荒木村重は,伊丹氏にかわって伊丹城に入城し、城の名を有岡城と改めましたが、村重が主君の織田信長に背き大軍に攻められて、天正7年(1579年)に落城、その後、廃城となりました。
LastUpdate:2016/09/18
緑ケ丘体育館(プール)
体育館や武道館・プールなど地域住民の健康の保持増進や体力づくりをはかり、さらに住民の一人ひとりが、仲間とふれあいを深めると共に、連帯感を高めながら地域コミュニティの育成等に努めるための施設です。体育・スポーツの振興を図るため、気軽にご利用ください。
LastUpdate:2016/09/18
伊丹市立 緑ヶ丘公園
伊丹市内で最も古い公園です。
市民プールが併設されてあり、夏は子供たちの楽園になります
LastUpdate:2016/09/18
伊丹市立 瑞ヶ池公園
公園の周囲は桜の名所です。
春の花見にご利用されてはいかがでしょうか?
LastUpdate:2016/09/18
伊丹市立 昆陽池公園
731年(天平3年)、行基の指導により農業用のため池として昆陽池が作られた。
白鳥が自然放養されているほか、冬には3000羽を越えるカモやカモメなど渡り鳥の飛来する関西屈指の野鳥の楽園として知られている。池の中ほどに日本列島を模した人工島があります。
LastUpdate:2016/09/18
伊丹市立 ばら公園
世界のバラ約250種1万本が南欧風のおしゃれな園内一帯に咲き乱れます。 伊丹生まれで世界的に名高い「天津乙女(あまつおとめ)」「マダム・ヴィオレ」などが植えられています。開花時期は5〜6月と10〜11月です。
LastUpdate:2016/09/18
伊丹市立 ローラースケート場
関西唯一の日本ローラースポーツ連盟公認リンク。 フィギュア、スピードとも西日本大会などが開催されています。リンクは1周130メートル、中のフロアは広さ789平方メートル。
LastUpdate:2016/09/18
伊丹スカイパーク
伊丹空港の滑走路と並んる公園
入場は無料で広い公園では家族連れの姿が多いです
LastUpdate:2016/09/18
クリーンスポーツランド
ゴミ処理で出る廃熱を利用した室内温水プール
LastUpdate:2016/09/18
| Next ->>



CmfLink(ver2.01)